2020年 第34週(8月17日~8月23日)

~感染症予防の基本~ 手洗い、感染者との密な接触を避けることが重要
【定点把握感染症】
「感染性胃腸炎、咽頭結膜熱、増加」

 第34週の小児科定点疾患、眼科定点疾患の報告数の総計は697例であり、前週比76.9%増(18.9%増)であった。
昨年同時期と比べて63.8%減(2019年 第34週 1,928例)と少ない状況である。

 定点あたり報告数の第1位は感染性胃腸炎で以下、突発性発しん、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、咽頭結膜熱、ヘルパンギーナの順で、上位5疾患の定点あたり報告数はそれぞれ1.87、0.47、0.39、0.29、0.23であった。
 感染性胃腸炎は前週比121.0%増(20.7%増)の367例で、中河内3.10、泉州2.70、南河内2.63、大阪市南部1.94、三島1.82である。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は前週比45.2%増(10%増)の77例で、中河内0.95、北河内0.65、泉州0.45、南河内0.44であった。
 咽頭結膜熱は前週比29.5%増(111.1%増)の57例で、中河内0.80、三島0.53、北河内0.35であった。
 ヘルパンギーナは前週比55.2%増(2.3%増)の45例で、泉州1.10、大阪市北部0.29、大阪市南部0.22である。
 突発性発しんは昨年同時期と比べて4%減の92例(2019年 第34週 96例)と報告数は変わらない。

※ 第33週の各科定点疾患の報告数には連休による診療日数減の影響がみられたため、(カッコ内)に第32週比の値を併記した。

~バンコマイシン耐性腸球菌感染症~ 2019年の報告数は、大阪府が全国で第一位である
【全数把握感染症】
「バンコマイシン耐性腸球菌感染症」

 バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)は、バンコマイシンに耐性を獲得した腸球菌である。
術後患者や感染防御機能の低下した患者では腹膜炎、術創感染症、肺炎、敗血症などの感染症を引き起こす場合があるため、集中治療室や外科治療ユニットなど易感染者を治療する部門で問題となっており、臨床的、疫学的に重要な薬剤耐性菌である。
VREによる術創感染症や腹膜炎などの治療は、抗菌薬の投与とともに感染巣の洗浄やドレナージなどを適宜組み合わせて行う。

感染症疫学センターはこちらへ(外部リンク)
>>詳細はこちら

バンコマイシン耐性腸球菌感染症(国立感染症研究所)
>>詳細はこちら


【大阪府感染症情報センターより参照】
(令和2年8月27日更新)