子どもはおさんぽがだいすきです。
ほらほら、公園や道端でしゃがみこんでジーッと何かを見つめていますよ。何をみつけたのかなぁ?草花、虫、石ころ、葉っぱ、お菓子の紙・・・こどもにとっては全部が発見!手を伸ばしてつかもうとします。「アッ、やめて!」と思うおとなを尻目に、得意満面ですね。さあ、おかあさんもしゃがんで見てごらんなさい。一人のときは気づかなかった小さな世界が、お子さんを通して見つかるでしょう。何よりもお子さんと同じものを見て感じられることがすてき!
「虫さんいたね」「ちっちゃいね」と、いろんな発見を楽しんでください。