寒い冬の日、外を見ようと窓に近づくと・・あれれ?
○絵がかけた!
結露でくもった窓をさわると、キュッキュッ

と音がする。触っていると何か模様みたいに
なることに気づいて、いつの間にか窓のお絵かきに夢中になっています。とってもすてきな発見です!
おかあさん、おとうさんも窓に絵を描いた思い出、ありませんか?
○冬を感じて
冬の冷えた空気は、なんだかピシっと気持ちが引き締まるような感覚です。晴れた日に見上げた空は澄みわたって、高く遠く見えませんか?お子さんも春・夏・秋にはない冬ならではのキンとした空気から、
“冬“を体で感じています。